為替の不思議な世界

億トレ日記 〜日経平均株価 さらなる上昇なるか?〜

億トレ日記 〜日経平均株価 さらなる上昇なるか?〜

9月に入ってからユーロ安、円安に続いて、日経平均株価においても上昇が続いていますね。9月18日に支持線より下がらなかったことから一気に急上昇した日経平均株価ですが、10月に入っても上昇の勢いが止まることを知りません。今年の2月5日に23,000円を下回ってから、実に8ヶ月ぶりに強すぎる23,000円の壁を突き破ったのですから、そこに溜まった力は膨大なものがあります。この8ヶ月間でおそらく4回以上は上昇気流に乗りながらも、23,000円の壁を突き破ることはできませんでした。その理由は非常に明確で、9月7日に安倍首相と石破氏による総裁選が告示された当日から株価に熱を帯び始め、投票が確定する20日よりを待たずして、前回の上昇を遮った23,800円目下に到達しました。そして強いMAの支えもあり、強力な23,800円(正確には23,779円辺り)を今度は支持線に変えて、さらなる上昇に向けてエネルギーを溜め始めているところです。まあアベノミクス=株価上昇=円安の図式はすでに定着してきているので、安倍首相が動き出せば当然のように株価も為替も動くため、総裁選の告示をもって株や為替でタイミングを合わせるのは比較的楽だったと思います。私は9月12日にMAを上抜けた時点で日経平均株価とドル円で買いエントリーを行い、株価は18日まで、為替は25日まで引っ張って、だいぶ稼がせてもらいました。
為替の不思議な世界
しかし重要なのは、この先どこまで株価上昇が続くのか?ですが、25,000円といえば1991年バブル崩壊後初の到来となります。当然に意識されるポイントであるだけに、これまでのエネルギーの蓄積をも跳ね返すだけの強い抵抗を見せるのは間違いないはずです(ちなみに1989年のバブル絶頂期の最高値は38,915円でした)。そのため急上昇に有頂天にならず、跳ね返され下落したところをしっかりと安値で掴み取り、再上昇で稼ぐ手法が最も確実だと思います(ドル円も同様で、なんともワンパターンですが・・・)。23,000円台前後でエントリーを予約しておけば、けっこうな割合で安値を掴めると思います。
まあ世間では株価バブル再来とワイワイ騒いでいる人も大勢いますので、株そのものに価値を見出す人がこれから先も増え続けることは間違いありません。需要が増えれば当然価格も上昇するので今のうちに買っておくことも悪くないと思いますが、今現在としては近年に類を見ないほどの高額状態であることを忘れないようにしましょう。

 

慣れない海外口座のため、登録までの解説をつくってみました。
参考にしてみてください。
FX必勝ツール 〜XM口座開設〜

 



 

page top