MT4を24時間稼働させるVPS

億トレ日記 〜為替のゴールデンタイム〜

為替のゴールデンタイム

為替は大きく分けて3つの市場があります。まず朝7時から17時までの東京市場、続いて15時から翌1時までのロンドン市場、最後に21時から翌7時までのニューヨーク市場です。為替市場は世界中の主要都市で開かれているので、時差で世界をカバーする為替相場はあくまでバーチャル的な説明になりますが、要するに24時間市場は開かれているわけです。

 

しかしながら昼間の東京市場とは無難な取引が多いというか、値動きがほとんどありません。よほどのイベントがあれば大きくトレンドに向けて動きますが、そうなれば逆に裁量トレード頼りとなり、システムトレードなどやっている状態ではないです。おそらく1日の中で最も為替市場が活発になるのは夜9時以降。ロンドン市場が佳境に入り、ニューヨーク市場が参入しはじめる21時から0時過ぎあたりまでが大勝負になります。
資金は環境保護のために

 

上の図で四角で囲った部分は、午後8時50分から翌日の午前3時30分位までになります。大抵の為替相場というものはこの午後9時以降から日付変更を挟んだあたりに集中してくるので、正直言って時差の都合からゴールデンタイムから真夜中までに位置する日本は、健全なトレードとしては非常に不利な条件にあてはまります。

 

ゴールデンタイムを制するものはトレードを制する!・・・とは言うが

為替のゴールデンタイムとは、まさにこの午後9時から翌日午前2時くらいまでを言うのですが・・・正直しんどいです。
健全な労働者であれば、朝7時頃から出金を始めて、夜7時くらいに帰宅します。そして家族との時間を大切にして食事や風呂を済ませ、夜9時といえばテレビを楽しむ時間かもしれません。個人的に為替取引をやられているサラリーマンの多くの方は、このテレビを楽しむ午後9時からのゴールデンタイムを、あえて我慢することで為替の世界に時間を投資するのです。
それは間違ったことでもなければ、難しいことでもありません。毎日でなくても為替トレードのためにパソコンに向かうことは資金増も考えればむしろ楽しいことでしょう。

 

眠気に負けてトレードに負け続ける日々

しかし、楽しんでベストなタイミングでエントリーするまでは好調なのですが、いざエントリーしてみると・・・なかなかいつまでたっても自分の思う方向に相場が動かないのです。私の場合はレバレッジを888倍に最大限拡張して一気に大金を奪い取る手法なのですが、一気に、とはいってもエントリーから利確までは優に5〜6時間を費やすことになります。
これが昼間の労働時間であればたった1日で数十万の利益と言えるのですが、朝7時から夜7時まで働いた後に、午後9時からエントリーして相場がベストな狙い目で収まるのが早くて翌日の2時となれば、さすがにいくら根気や根性があっても体がついていかないのです。これは専業トレーダーとは明らかに一線を欠くハンディでした。どこまでも精神を削っても翌日に爆睡できるのと、また朝7時の出金に向けて早起きしなければならないサラリーマンの身とは境遇がまるで違います。ましてこれがダマシで終わってしまった暁には、精神的なダメージもかなりものになります。
私もなんどとなくダマシにやられて精神的にきつくなり、とうとうアルコールを含んだ状態でバクチ的なトレードに走ってしまい、本当に大負けしてしまった経験があります。
いくらトレードルールを心得て常勝できる手法を持っていても、やはり相場は単純に思い通りにはなりません。どうしても思った方向に相場が盛り上がらず、眠気が極限まで達して、まずは「眠って起きたら確認」というケースもけっこうな数を重ねました。そして結果は散々・・・、どれだけゴールデンタイムの機運に乗せられて損害を広げたことでしょう。

 

エントリーは手動、利確はVPS

そこでいろいろと手法を凝らした結果として、エントリーまでは責任をもつが、利確については機械任せにするのがベストだ、という結論に達しました。
MT4に標準で備わっている、トレール決済の決済が最も効率的に稼いでくれたのです。
資金は環境保護のために
これはつい最近のチャートですが、VPSを活用した典型例として残しています。上のチャートでは午前1時過ぎまで粘ってようやく狙っていた上昇気流が吹いてきたのですが、もはや私の眠気はピークに達しており、エントリーするのがやっとの状態でした。エントリーだけで日を跨いだうえに、利確まで粘ることはどう考えても無謀でした。しかも翌日にはけっこう重要な会議を予定しているし、社会人として夜更かしして体調不良なんてありえません。そんな状況から利確まで起きているのは無理だと判断し、VPSによるオート決済を選択しました。結果はピークである110.48円はこの目で見ることはできなかったにせよ、MAも絡めて下落に転じるギリギリの瞬間で110.43円で利確ができました。エントリーを厳選して最高の110.032円で行ったため、差額約0.41円を888倍で売り抜ける状況を作り出したわけです。
たかが41銭、されど41銭。その狭間で数十万円という利益を獲得するためには、それ相応の苦労が伴うのですが、トレール決済はその苦労の8割を担ってくれる素晴らしいツールです。
トレール決済なくしてエントリーできず。そんな状況を説明するのは、次回にしたいと思います。


 

page top