為替の不思議な世界

億トレ日記 〜日経平均サポートラインで見事に支持〜

億トレ日記 〜日経平均サポートラインで見事に支持〜

日経平均株価が、サポートラインで見事に支持されました。
為替の不思議な世界
10月9日の23,000円台でサポートラインを22,479円と見込んだのですが、NYダウ急落から日経平均株価も巻き込まれて一時期は22,000円まで下落しました。しかし、やはりサポートライン付近でしっかりと下落を抑制してくれて、現在は22,700円程まで回復してきています。NYダウの下落から予定調和的に続落した日経平均を売りエントリーするのは比較的容易で、下落後はサポートラインを下抜けた時点で利益確定、さらに攻めるのであればトレイル注文で利確ポイントを延長することで、完璧なまでのトレードが実現しました。そしてサポート付近でエントリーを仕掛ければ、この先レンジ相場であれば売買の繰り返し、トレンド相場に展開すればそのまま利確することなく段階的に買い増しして、天井側のサポートラインまで利益を引っ張ります。過去から見ても22,479円はかなり強いサポート帯なので(もちろん今後、相場に応じて多少の変動はありますが)、しばらくは基準点として状態監視する際の良い指標になるのではないでしょうか?MT4で過去のチャートを見ると、いかにサポートされているかが一目瞭然です。長期トレードにおいても、このサポートラインがあるから多少の無理は大丈夫、という信頼がありました。今まさにそのサポートラインで支持されているので、これからどう起死回生していくのか?チャート信者としても非常に興味深い局面です。

 

トランプ氏の周囲には常に政治的サプライズが渦巻いていますね。サウジアラビアの政治に批判的な記者が殺害された模様の事件に対しても、「行きずりの殺し屋にやられたのではないかという感じが僕にはしたよ。誰にもわからないさ。」と謎の言及。どこまで真実を知っているのか、周囲を煙に巻く発言も板についてきたトランプ氏は、世界情勢をも掌握する新たな米大統領の顔が定着してきました。為替相場は要人発言の解釈次第というある種の規則がありますが、トランプ氏の発言にはさすがに投資家も翻弄されているみたいですね。

 

そんな混沌とした政治経済の局面こそ、チャートとしたしっかりとした指標が必要になります。これまでもギリシャショックやアベノミクス効果、イギリスのEU離脱からトルコ危機まで、政治的混乱からトレードを守ってきた唯一のものはチャートだけです。どんなに激しく変動しても一定の秩序を保とうとする投資家の市場に対する強い意志が、どんな急激な政局変動においてもルールを破らない法則として根付いています。そこはやはり新興通貨である仮想通貨ではありえない秩序であり、為替や株式相場の真の価値でもあります。

 

良い意味でも悪い意味でもトランプ氏は話題提供の源であり、それに呼応するかのように世界情勢は変動しますが、その中で秩序を保ち続ける(反面、世間では最も翻弄されていると考えられている)為替相場や株式市場を資金運用のメインに見据えることは、有限を奪い合う世界を相手に非常に強力な武器となるものであり、これからもグローバルな処世術の一つとして身に付けておかなければいけない技だと思っています。

 

蛇足ですが、上のチャートでは日足に変えるとまだまだ買いに転じた状況ではないため、あせって大量買いに走らないよう気を付けましょう。

 

XM口座の開設手順はこちら
FX必勝ツール 〜XM口座開設〜


 

page top