ガネッシュ誕生秘話

ガネッシュ誕生秘話

エジプト

ガネッシュ誕生秘話
ガネッシュがなぜ為替の世界に身を置くようになったか?
ものすごく簡潔に履歴を書きたいと思います。


エジプトでの生活

あるプロジェクトチームとして、約1年間エジプトで生活をしていました。もう今から10年以上昔の話です。ピラミッド、スフィンクス、ナイル川、王家の墓に王女クレオパトラ・・・。歴史ミステリーに満たされたエジプトでの生活は、遠い日本では得られない多くの刺激を与えてくれました。毎日のように漂う、焦げたような砂漠の独特の香り。朝、昼、晩と響き渡る、イスラム教の礼拝の音色。黒装束に身を包む現地の女性と、多く溢れかえる各国からの観光客たち。それらすべてがエジプトという世界最大の謎に満ちた文化に溶け込んで、まるで輪廻転生を繰り返すかのように終わりのない毎日を繰り返していました。
エジプト
ゲストとして迎え入れられた私達プロジェクトチームの宿泊施設は豪華そのもので、宗教的にNGであるアルコールも飲み放題l、シャワーもジャグジーも快適だし、ディナーもフルーツも食べ放題の毎日でした。月に何度かはセスナをチャーターしてもらい、普段は観光客しか行けないエジプト内陸のアブ・シンベル神殿や、アスワン・ハイ・ダム等も散策することができたのです。オベリスクの採掘現場まで案内してもらったこともありました。日本の技術を惜しみなく伝えるプロジェクトチームに、エジプトの人々も最大級のおもてなしで対応してくれたのだと思います。

 

貧富の底辺に属するエジプト人

エジプト
しかし、しばらくエジプトで生活していると、エジプト人の現実の暮らしが目に見えるようになってきました。エジプト人の暮らしは決して楽ではありません。観光以外に生活を潤す資源は乏しく、国民の多くは観光客相手に商売をすることで生計を立てていました。まだ観光客の目を引く商品を作って売れる人は上流階級のほうで、売るものも用意できない人は、酷い例で言えば公衆トイレにあるトイレットペーパーを根こそぎ外してトイレの前でちぎって配り、1ドルのチップをもらうことで生活の資金にしていたのです。それは老若男女問わず行われ、小さい子供達にいたっては、私達が手に持っているボールペンをねだり、兄弟同士で奪い合いながら、持ち帰っていく様を幾度となく見てきました。観光資源に頼って技術や文化を築き上げることから遠ざかり、外国人に頼ることで生活してきたエジプト人を見ると、やはり教育や文化、そして経済や産業の大切さを身をもって感じることとなりました。

 

エジプトの誇る文化

エジプト
長く続いた独裁政治や観光大国としての慢心からか、国の文化に対する誇りやプライドといったものが感じられる傾向とは程遠いものとなっていたのエジプトですが、現在をもっても世界に自慢できるエジプトの産出物が二つありました。一つは香水で、もう一つはゴールドです。そのどちらも太古の昔から生産されていたエジプトを代表する産業ですが、いまでもカイロ周辺から各地の上級商店街には香水やゴールドの専門店が軒を連ねています。香水の中には、異性を誘惑するイランイランなども取り揃っていましたし、ゴールドについては証明書付きのホンモノが時価で取引されていました。

 

ゴールドとの出会い

エジプト
その二つの中でも10年前に相場がもの凄く下がっていて、ツアーコンダクターの間でも「今が一番お買い得だ」と噂されていた商品こそが、ゴールドでした。エジプトのゴールドは世界から見ても純度が高く、正規店で発行する証明書は世界に通じる信用あるものでした。私のエジプトでの娯楽といえば、ビールかベリーダンスの鑑賞かという生活だったので、ゴールドを購入するのも一興だと思って数十万円のレリーフを象ったゴールドバーを幾度となく購入しました。現地で神格化された虫であるスカラベ(ふんころがし)のゴールドもお土産用として幾種類か購入しており、1年のエジプト生活において数百万はゴールドに充てたかもしれません。
そんな心外にも最安値で買っていたゴールドですが、その後も続いた世界同時株安に追い打ちをかけるようにFOMCが発表したゼロ金利政策継続を受けて、過剰なまでのマネー需要が高騰してゴールド価格がどんどんと上昇していきました。当時はそれほど金のトレードに興味がなかったことから詳しい相場までは覚えていませんが、所持するゴールドの価値が5倍から6倍に跳ね上がったことは鮮明に記憶に残っています。

 

相場に対する心構え

エジプト
エジプト人の最底辺の生活を目の当たりにした最中において、ゴールドの相場変動による価格急上昇を体験したことで、私の中で世界経済に対する考え方が180度変わりました。今ある資源に頼っていればいずれ衰退するため常に人の需要に応える経済活動を行うべきでること。そして持っている資産を保持するだけでは資金は目減りするものでるため、どうせお買い物するのであれば資産の増える商品を手に入れること。この二つの経済におけるルールを身をもって体験したことで、移り行く世界経済を掌握するFXという世界に身を置く価値を見出せる結果となりました。

 

法則によるトレード

エジプト
エジプトという世界文化発祥の地において、日本とは程遠い経済を展開する文化に触れたことで、私はFXという一見して規則性のない生き物を正確に捕えたいという衝動に駆られました。それはFXが本職の合間や時間外に取引できる唯一のトレード材料であったことも理由の一つですが、異文化に満ちた各国を繋ぐ唯一の資産として、今後も世界で活躍したいと思っている自分は理解する必要があると自覚し、必死に答えを追い求めた結果として「宇宙のトレード」とまで呼称する為替の法則を見出すに至ったわけです。
貧困は全ての不幸を生み出します。紛争や環境破壊もその不幸の一環です。それであればFXで資本金を充分に蓄え、本当に実現したい理想の世界を築くために一命を賭しても面白いのではないだろうか?そんな気持ちから法則によるトレードを磨き上げた次第となります。

page top