システムトレード

AIレベル3以上のEA「Beatrice RISE」

インヴァスト証券シストレ24で最優秀賞を受賞した経歴をもつBeatriceシリーズ(Beatrice-07)をご存知でしょうか。
BeatriceRISE

 

AIによる自動取引

どちらかといえば大資金運用向けなのですが、毎週月曜日の朝にポジションを2つ持つという面白い特徴があります。この「Beatrice」シリーズには特定のロジックが無く、いわゆるAIによる判断で売買が行われます。

 

AI(人工知能)にはレベルがあり、
レベル1 単純な制御プログラム
レベル2 ルールベース(対応パターン)によるプログラム
レベル3 機械学習
レベル4 ディープラーニング世代
と大まかに4段階に分けられており、特に近年ではビッグデータの普及やディープラーニングを用いたワトソンや将棋といった印象に残るプロジェクトも公開されたことで人気を集めています。

 

そんなAIの中において「Beatrice」はレベル3とレベル4の間に位置するといわれており、今公開されている「BeatriceRISE」はインヴァスト証券で使われたシステムを更に強度化した正当な後継機となります。

 

 

世界一の主要通貨でありながら最も扱いづらい通貨ペアであるユーロドルを主要トレードに置いているところが開発者の自信を垣間見る部分であるのですが、フォワードテスト(実践)における実績は素晴らしく、収益率は全期間を通して97%、勝率は70%、公開している資金は初期投資額が100万円で、現在は172万円にまで膨らんでいます。

 

基軸ロジックはTWAP注文

BeatriceRISE
私もこの数年間、Beatrice-07やBeatrice-ADX01などの前作シリーズを運用させてもらいましたが、とにかくエントリーが巧妙で、含み損を持たないベストなタイミングでポジションをとっています。ロジックのないAIということでそれ以上の説明はできませんが、さすがインヴァスト証券で運用されるだけのことはあると感心してしまいました。

 

もともとTWAP注文という大口注文を均等に分割してタイミングよく発注するロジックがあり、BeatriceRISEもこのTWAPを基軸としています。ただ本来の使い方は、大口注文が市場に影響を与えたり他の投資家に察知されないよう注文を小口に分ける意味合いから始まったロジックです。ヘッジファンドが空売りを隠すように注文するステルス注文など、そのテのロジックも深みがあるのですが、そのあたりをAIが自動判断して売買しているようです。ただしそれ以上の詳しい動きはよくわかりませんでした。

 

BeatriceRISEの入手先

Beatrice RISE1 Beatriceの後継シリーズ
そんなBeatriceRISEの販売価格は44,800円。これを手頃ととるか高いととるかは運用実績を実感できるか否かにかかってくるのですが、MT4に使用できる最新AIがこの価格で手に入るのなら手頃というべきなのでしょうか?前作から使い続けている者にとってみれば待望の後継機であることは間違いありません。

 

Beatrice RISE1 USDCHF Beatriceの後継シリーズ
少しお手頃価格となれば、スイスフラン版で29,800円。スイスフランは中立国という立場から「世界で最も安定した通貨=セーフ・ヘブン」と呼ばれています。そして金利が非常に低いことから、高金利である豪ドルや南アランド、トルコリラ等のスワップ益を効率よく回収するためのクロス通貨として選ばれる、いわゆるキャリートレード用の通貨で知られています。日本円も金利が低く安定していることからキャリートレードに使われているので、ある意味馴染みがある通貨とも言えますね。AIをきっかけにスイスフランでのトレードに慣れることも良いことだと思います。

 

タダでBeatriceRISEを入手する

FXTF×「Beatrice RISE1」 タイアップキャンペーン
FXTF×「Beatrice RISE1」 タイアップキャンペーン
FXTF×「Beatrice RISE1」 タイアップキャンペーン?|?fx-on.com
やはりといいますか、さすがMT4といえばFXTF。BeatriceRISEとのタイアップ企画がありました。他のFX会社でも独自のAIトレードを採用している例はありますが、格安の固定スプレッドと安定したプラットフォームでの取引を求めるのであればFXTFのMT4は欠かせません。44,800円のEAが無料で入手できる絶好の機会かもしれませんので、ぜひ利用してみてください。

 

このサイトからのcookieを保持しないとEAが入手できない場合がありますので、必ず上のバナーから口座登録していただきますようご注意ください。

 

page top